ETCカード利用|領収書作成方法

ETC利用時の 領収書や明細書 が必要な時…その発行方法とは?

 

会社によっては、ETCの利用明細や領収書が必要な時ってありますよね?

 

例えば…出張でレンタカーを利用した時などが、考えられますか!
また、普段の利用時にも、管理の為に必要である。

と言う会社も当然あるでしょう。



個人事業主や自営業の方では、どうでしょうか?方法によっては、あとでも…担当者が…



まぁ〜色々ですかね??




その昔は、高速道路入口料金所で発行された券を、出口の料金所で手渡し領収書をもらう方法が
一般的でしたが、現在はETCゲートを通過して処理しているかたが、大半になってきています。
しかし、この方法ですとクレジット会社より明細が送られてくるのは翌月か翌々月となり経理上も



問題有りとなってしまう事も有るかと思います。

上記問題を解消する手立てとして、有料道路を運営している道路事業者が発行する、「利用証明・明細書」です!



それについては、現実的な方法としての3つを紹介いたします。




【もっとも簡単な方法・料金所で発行してもらう】



その都度欲しい、直ぐに欲しい場合は、やはり料金所でもらうのが早く確実でしょう。
有料道路の入り口はETCレーンを通過して、料金所出口は一般の料金手渡しレーンへ入り料金清算

して領収書を発行してもらいます。




注)ETCレーンを入口、出口で通過しないと各割引が適用されない場合がありますので、要確認して下さい。









スポンサーリンク







【自宅や職場のパソコンから利用証明書を取る方法】



この方法は、ETC利用照会サービスを登録すると、自宅や職場のパソコンから印刷する事が出来ます。
こちらの方法ですと、あとから、いつでも、何度でも証明書を発行できるので、安心ですね。


上記のリンクから、ETC利用照会サービスにアクセスして、新規でID登録します。
必要なものは、ご使用のETC車載器の管理番号をメモ確認する事と、

ETCカードを手元の用意しておいて下さい!





ETC車載器の管理番号は、上記参考写真の四角赤枠部分となっています!



この登録ですが、けっこう煩わしい感じになっていますが、一つ一つ確認して

入力していくと大丈夫ですのでが…条件として、
3つの項目に合致していないといけないETCカードが有りますので注意が必要です。




  • 過去15カ月間以内にそのカードでETC無線走行している
  • その無線走行をした日付が判る
  • その時に乗っていた車のナンバー(ナンバープレート下4桁)カードを挿入したいたETC車載器の管理番号が判る





上記については、過去のクレジット会社の明細書があれば、その日付とETC車載器の管理番号を入力して、

その時の車のナンバーを入力すれば良いわけなのですが…



またレンタカーばかり利用してETCを使用している場合には、

恐らくは、その車に取り付けられていた車載器の番号は判らないと思いますので、自家用車などでETCを利用した日付にして登録してみて下さい!




ETCを良く利用しているならば、ETC利用照会サービスと共にマイレージサービスにも登録するのが

良いと思いますよ。


高速料金は、乗れば乗るほど掛りますが、マイレージサービスは乗れば乗るほど割引額が大きくなりますので、

お得になります。


ETCマイレージサービス




ETC利用照会サービスに登録後には、データ確認印刷等されると思いますが、反映されるまでには、

ご利用の道路会社によって時間が異なるようです、早いところでは4時間程ですが、長いところでは、

翌日、翌々日という例もあるようです。





【実はサービスエリアやカー用品店でも照会できる!】



家にパソコン・プリンターがないよ!って言う方は、サービスエリア(パーキングエリア)または、カー用品店での

照会、印刷を試みては、如何でしょうか?


大手のカー用品店などには、「ETC利用履歴発行プリンター」が用意されており印刷する事が出来ます。
こちらを利用する場合は、ETCカードの読み取りが必要の為、カードは忘れずにお持ち下さい!
(サービスエリア、パーキングエリアでの印刷の場合ですが…その時の通行利用分はカウントされません)



★サービスエリア・パーキングエリアに「ETC利用履歴発行プリンター」が設置されている道路事業会社




  • NEXCO東日本
  • NEXCO中日本
  • NEXCO西日本
  • 首都高速道路(株)
  • 阪神高速道路(株)
  • 本四高速道路(株)



どのサービスエリア・パーキングエリアに設置されているか?は、各高速道路会社の情報をご確認下さい。


ETC利用履歴発行プリンター設置箇所