中小企業サポート|法人ETCカード作成

高速情報協同組合について

高速情報協同組合とは…

 

中小企業の事業を多角的にアシストする「高速情報協同組合
異業種交流や各種、共同購買・共同利用を通じて事業経営を効率よくサポートし、

 

法人ETCカード、ETCコーポレートカード等、ガソリンカード、軽油カード、任意保険などの、
取り扱いを行っている。

 

経営戦略及び技術の改善向上を、また組合事業に関する知識の普及、組合員の福利厚生向上を
目指した事業協同組合となっています。

 

 

高速情報協同組合の要略

★設立は、平成5年3月に星野 登志郎を代表理事とし、法人登記。
  福岡県北九州市小倉北区上富野5−12−12拠点として、事業を始める。
  その後、平成26年8月に福岡県北九州市小倉北区神幸町9−1現在地に移転する。

 

  事業内容としては、法人ETCカード、ETCコーポレートカードの発行を行うと共に、ガソリンカード、
  軽油カードの発行も取り扱っている。

 

 

  沖縄県を除く、全国46都道府県を事業地区として、展開している。

 

 

認可省庁については、 内閣総理大臣・法務大臣・文部科学大臣・厚生労働大臣・九州厚生局・九州農政局・
九州経済産業局・九州運輸局・九州地方整備局・九州地方環境事務所・福岡財務支局・福岡国税局

 

★所在地・連絡先
  郵便番号802−0038 福岡県北九州市小倉北区神幸町9−1
TEL 093−531−1356 FAX 093−531−1370
  Eメール info@kousoku-j.jp
  高速情報協同組合

 

 

スポンサーリンク

 

 

組合員になると有利な事は?

1. 組合員の必要とする自動車燃料・資材、事務機器及び情報通信機器等の共同購買。

 

2. 組合員のためにする通話料団体割引制度の共同精算事業。

 

3. 組合員の事業に関する経営及び技術の改善向上又は組合事業に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供。

 

4. 組合員の福利厚生に関する事業。

 

5. 東・中・西日本高速道路株式会社、高速道路通行料ETCコーポレート制度の共同精算事業。

 

6. セディナETC制度の共同精算事業。

 

                                                                      高速情報協同組合の概要より抜粋

 

以上6点の特典があると、述べています。