ETC休日割|損しない方法

ETC休日・土日・深夜割引で損しない3つの方法とは

 

もう既に、ETC車載器を搭載して利用している自動車は90%を超えると
言われています。

 

一般レーンを利用して通行料金の現金支払いは、割引が全くと言っていいほどなく
メリットが無いと言っても過言ではないでしょう!

 

 

ところで…その割引ですが、色々と種類があるのはご存じと思いますが、
どんな方法が、一番最大化して安価に通行料を支払えるか?

 

 

知っているでしょうか?

 

 

ETC休日、深夜割引を可能な限り最大化する方法をご紹介いたします(^^)/

 

 

 

 

 

車のサブスク【SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)】

 


 

 

 

 

ETC休日、深夜割引を可能な限り最大化する方法

 

 

一つ目は…
高速道路株式会社(NEXCO)3社には、通常のETC利用に関係無く長距離走行をすると、
通行料金が割引されるシステムになっています。

 

最初の100〜200KMについては25%割引、その後の200KMを超える部分については30%割引となるのです。

 

 

二つ目は…
ETC休日、深夜割引は、上記の長距離割引をされた金額から更に30%割引となりますので、要するに
走行距離が200KMを超える部分については、ETC休日、深夜割引を併用すると実質的には、

 

 

45%割引となります!

 

 

まぁ〜200KMを超えるところについては、半額で通行できるって事ですね!

 

 

注意の三っ目は…
けど…これ、ロングで高速道路を走らないと恩恵に授かれないんですね〜
途中でICを降りてしまうと、ダメです。。また、そこから100〜200KM、200KM以上と
なりスタートにもどりますので、ご注意下さいねぇ〜"(-""-)"

 

 

高速道路の通行料金について(長距離割引き参考)

 

 

まずは、基本の計算式↓
(150円+距離×1kmあたり料金)×1.1(消費税分) 端数については4捨5入し10円単位としている。

 

「普通車の場合」
1kmあたりの料金は、普通車については24.6円となっており、
東京・大阪の大都市近郊区間については普通車29.52円

 

 

 

恵那山トンネル・飛騨トンネルといった長大トンネル区間については、
普通車39.36円特別料金を設定している。

 

 

※ただしETC車については令和6年3月31日を期限として、長大トンネル区間では
トンネル区間料金割引が実施される。

 

 

 

割引後の普通車1kmあたりの料金は24.6円です。

 

 

 

また、100kmを超える長距離を走行する場合は、100kmから200kmの部分については25%割引
200kmを超える部分については30%割引をしている。

 

上記は、NEXCO中日本サイトより一部抜粋

 

 

 

まとめ

 

  • 100〜200KM、そして200KMを超えると、その部分について30%割引適用
  • 休日割引、深夜割引はそのまま30%割引
  • トータルすると最大45%割引となる(100KM未満で走っている場合と比較して)

 

 

 

いつも、深夜や休日割引を使うと、とてもお得なんですけどね〜

 

法人の方は、そうもいかない事が多々あるんですよね!
そんな時は、マイレージ付きETCカード|車両1台で4枚作成可能

 

マイレージ付きETCカードがお得です!

 

 

 

では〜(*^^)v

 

 

 

 

 


 

月2万で新車ヴェルファイアなど高級ミニバンに乗れる!

リースナブル